072-267-4011

営業時間:
9:00~20:00
定休日:
水曜日

堺市の不動産売却|株式会社ブリスマイホーム > 株式会社ブリスマイホームのスタッフブログ記事一覧 > 空き家とはどういったものなのか?その種類や問題点などを解説

空き家とはどういったものなのか?その種類や問題点などを解説

≪ 前へ|不動産を共有で相続するとは!持分やよくあるトラブルを解説   記事一覧   成約お礼 【緑ケ丘北町 中古戸建】|次へ ≫

空き家とはどういったものなのか?その種類や問題点などを解説

カテゴリ:不動産売却

空き家とはどういったものなのか?その種類や問題点などを解説

少子高齢化による問題点のひとつとして近年、空き家が取りあげられるようになりました。
もちろん高齢化だけが理由ではないでしょうが、とにかく住む人のいない家屋が増え続けている傾向にあります。
ではその空き家にはどういった種類があり、増加に伴いどのような問題が潜んでいるのかをくわしく解説していきましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の種類とは?意外と知られていない4つの分類方法

空き家の種類とは?意外と知られていない4つの分類方法

総務省が5年に1回実施する住宅・土地統計調査によると、直近のデータである2018年の空き家の総世帯数は約849万戸で、過去最高となっています。
また日本全体の総住宅数に占める割合も13.6%と高く、このパーセンテージも上がることはあっても下がることは当面ないと見られています。
過去最高の数字を出した背景としては少子高齢化などがあり、今後もこの数は増え続けるとみられており、政府も2015年にその対策について特別措置法を制定しました。
空き家とは、と聞かれると漠然と誰も住んでいない家という認識を持つ方は多いわけですが、実はそこには明確な判断基準とそれぞれの性質によっての分類方法があるのです。
国土交通省が示す、具体的にこれが空き家だと言える判断基準としては、まずその住宅の用途、そしてその家に人が出入りしているかどうかといったものがあります。
そこに電気やガス、水道などのライフラインの利用状況が加わり、そのうえで登記や所有者の住民票がどうなっているのかといったことを基準にするのです。
また建物や敷地内が適切に管理されているのか、所有者がその住宅をどういった考えで所有しているのかといった所有者自身の主張も重要なポイントです。
これらが空き家であるのかそうでないのかを客観的に判断する材料となるわけですが、ここで空き家として判断される場合は、さらに4つの種類に分類していきます。
1つめとしては賃貸物件用の住宅があり、これは空き家全体の50.9%、つまり半分以上を占めるほど多いもので、新築・中古問わず賃貸のために建てられた住宅のことです。
2つめは売却用の住宅で、これは売買を目的としていながら空き家の状態になっているもので、全体の3.5%という割合になっています。
3つめは二次的住宅と呼ばれるもので、これはいわゆるセカンドハウスや別荘など、通常は誰も住んでいない住宅のことで割合としては全体の4.5%です。
そして4つめがその他の住宅となり、転勤や入院などの原因で長期的に不在となっている住宅と取り壊し予定の住宅のことを指し、全体の41.1%を占めています。

空き家のなかで増加率が高いのはどの種類か

空き家のなかで増加率が高いのはどの種類か

先述した4つのなかで、増加率が高いのはどの種類なのかを見ていくことにしますが、2013年と2018年の住宅・土地統計調査で比べてみましょう。
それによるとまず賃貸物件用の住宅が2015年と比べ2018年は2万戸の増加で増加率は0.4%、売却用の住宅が同じく1万戸減でマイナス4.5%です。
さらに二次的住宅は3万戸の減少で率としてはマイナス7.3%、そしてその他の住宅が29万戸増でプラス9.1%といった数値での推移です。
2003年の調査までは賃貸物件用の住宅の増加が目立っていましたが、その年の調査を境に徐々に下がっていき、直近のこのデータではその他の住宅の増加が著しいことがわかります。
その他の住宅はこの20年間で149万戸から318万戸と、約2倍にまで増加し、そのなかでも木造の一戸建ての割合がもっとも多くなっています。
このデータからわかる空き家が発生する原因としてもっとも一般的なものが、高齢の親が高齢者向けの施設に転居する、あるいは亡くなるといったことでしょう。
その結果、その家を子が相続することになっても、子はすでに自分の家を持っていたり、遠方に住んでいたりといった理由で、その家に住むこともなく空き家となっていくわけです。
団塊の世代を含めた高齢者は今後急激に増えることが簡単に予測でき、それに伴って誰も住むことのない家が増えていくのもこれもまた簡単に想像ができるのです。
住むことのない住宅は老朽化が早く、資産価値もどんどんと失われていくため、所有者としては定期的な管理をしたいところでしょう。
ただ管理にはそれにかかる時間や労力など所有者でなければわからない苦労も多く、他人がむやみに干渉できるものではありません。
もちろん売却といった方法もありますが、老朽化が進んだ住宅には買い手がつきにくく、更地にするにしても、膨大な費用がかかってくるわけです。
こういったさまざまな事情が折り重なっているという背景があり、その他の住宅の全体に占める割合と増加率が際立って目立つようになっているのです。

その他の住宅に含まれる空き家を放置しておくとどうなるのか

その他の住宅に含まれる空き家を放置しておくとどうなるのか

4つの空き家の種類のなかで、賃貸物件用の住宅と売却用の住宅は誰かが住む予定や可能性があり、二次的住宅は定期的に所有者などがそこを訪れることとなります。
つまり4種類のうち上記の3つは人が住むための充分な管理ができており、空き家とみなされるものの、社会的に大きな問題にはなりにくいと考えられます。
しかしその他の住宅に目を向けてみると、ほとんどの物件は管理が行き届いているとは言い難い状態で、まさに放置状態となっているわけです。
定期的な管理がおこなわれることもなく、ただ朽ちていくだけのその他の住宅をそのまま放置しておけば、どういった問題が起こると考えられるでしょう。
まずは倒壊の危険が挙げられ、老朽化が進み柱などの住宅資材が家屋の重みに耐えきれなくなり、最終的に崩れ落ちることがあります。
もし所有する家屋が倒壊すれば、たとえば隣家への被害や通行中の歩行者、車などへの直接的な危険を与えることも充分にあり得るわけです。
建物の維持保全は所有者に課せられた努力義務であるため、もし倒壊により事故が発生した場合、多額の損害賠償を請求されることになります。
その他の住宅を放置する問題点として次には、衛生面で著しく有害となる恐れがあるというもので、これは近隣の住宅に大きな影響を与えるものです。
放置された住宅は庭に雑草が生い茂り、室内は湿気がこもりカビが発生するなどして、環境面・衛生面で劣悪なものになってしまいます。
そうした状況では、雑草をすみかにする小動物や虫が集まることになり、また室内も同様にダニやゴキブリなどにとって快適な環境になっているわけです。
これらの虫や小動物はエサを求めて徘徊するようになり、近隣の住宅へ侵入し、新たにそこへ巣を作るということも考えられます。
ほかにもダニの大量発生が原因で近所の住民がアレルギーを発症する可能性もあり、衛生面での悪影響は計り知れないものとも言えるのです。
また空き家は不審火の発生源や不法投棄のターゲット場所、犯罪者の隠れ家ともなりやすく、防犯面から見ても問題のある住宅なのです。
ほかにもその地域の景観としてみても、その建物があるだけでその地域全体の景観が損なわれる状態となり、たとえば賃貸物件の入居率などに影響を及ぼします。
こうした問題を解消するために2015年から自治体は特定空家の制度を利用できるようになり、もし特定空家に指定されると固定資産税の優遇措置が適用されなくなります。
つまり特定空家とならないよう、定期的な管理をおこなうか、費用はかかっても売却といった方向で考えていくことが所有者として求められているわけなのです。

まとめ

この記事を読み、空き家とは具体的にどういったものなのか、意外と知らないことに気付いたのではないでしょうか。
もしそういった誰も住む予定のない家屋を所有しているのであれば、所有者として近隣への影響も考える必要もあり、なるべく早期の対策を施してください。

株式会社ブリスマイホームへの問い合わせはこちら


【ブリスマイホームにお任せください】
堺市の不動産を売却したい、不動産の相続で困っていることがあるという方は株式会社ブリスマイホームにお任せください。
堺市に精通したスタッフが、お客様の大切な不動産の売却活動を精一杯サポートいたします。
買取にも対応しておりますので、まずはお気軽に無料査定をお試しくださいませ。



【関連記事はコチラ】

≪ 前へ|不動産を共有で相続するとは!持分やよくあるトラブルを解説   記事一覧   成約お礼 【緑ケ丘北町 中古戸建】|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 会員限定ページ
  • マドリームに紹介されました
  • イクラ不動産
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2023-06-13
    ★ 住宅ローン相談会実施中 ★
     
    家を買いたいけど月々の支払い額が分からない 
    夫婦で最大いくらまでローンが組めるのかな 
    車やカードのローンがあるけど住宅ローンは減額されるの 
    携帯の支払い遅れが過去にあるけど大丈夫かな 
    今は住宅ローン金利が低いと聞くが実際いくらなの
    勤務何か月でローンが組めるのかな
    派遣社員だけどどこの銀行なら審査してくれるのか
    変動金利と固定金利と実際どっちがいいの
    よく聞く住宅ローン控除、築20年以上の物件だけど大丈夫かな

    悩まずにご質問ください。インターネットサイトの情報ではなく、実際の実務の状況ををお伝えさせて頂きます。
    物件探しと同様に、お金のことは不動産購入について大事なことです。
    お金のことをクリアにすれば後は気に入る物件を探すだけですね。
    メールでもお電話でもお気軽にご相談をお待ちしております。
     
    お電話はコチラまで:072-267-4011
    メールはコチラまで:info@bliss-myhome.co.jp
    2023-06-12
    【ブリスマイホームにお任せください】
    堺市の不動産を売却したい、不動産の相続で困っていることがあるという方は株式会社ブリスマイホームにお任せください。
    堺市に精通したスタッフが、お客様の大切な不動産の売却活動を精一杯サポートいたします。
    買取にも対応しておりますので、まずはお気軽に無料査定をお試しくださいませ。



    【人気記事はコチラ】

    2022-09-03
    ★本日の一押し情報★
    販売をお任せいただきました♪
    大自然を望める立地に4LDKの広々間取りで
    豊かな生活を送れそうです♪
    堺市の不動産売却はブリスマイホームへ♪
    ホームページよりお気軽にお問い合わせください♪

    【ブリスマイホームにお任せください】

    更新情報一覧

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ブリスマイホーム
    • 〒591-8046
    • 大阪府堺市北区東三国ヶ丘町3丁1-30
    • TEL/072-267-4011
    • FAX/072-267-4012
    • 大阪府知事 (1) 第61922号
  • 更新物件情報

    2024-07-22
    日置荘西町5丁 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-15
    浜寺石津町中2丁 オーナーチェンジ中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-14
    深井畑山町 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-14
    サンライズマンション・ドムス堺の情報を更新しました。
    2024-07-14
    中田出井町3丁 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-14
    リベラス21金剛東 4号棟の情報を更新しました。
    2024-07-14
    南野田 新築戸建の情報を更新しました。
    2024-07-14
    深阪1丁 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-07-14
    学園前4丁目 中古テラスハウスの情報を更新しました。
    2024-07-14
    菩提町1丁 新築戸建の情報を更新しました。
  • 不動産査定・売却ならイエウール
  • 求人募集中!
  • QRコード
  • 不動産査定ならすまいステップ
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

早川 裕昭 最新記事



早川 裕昭

不動産は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。購入も売却も、自分のことのように考え丁寧に親身になりご提案させていただきます。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


ローレルコート鳳

ローレルコート鳳の画像

価格
3,180万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市西区鳳南町3丁207-1
交通
鳳駅
徒歩8分

中田出井町3丁 中古戸建

中田出井町3丁 中古戸建の画像

価格
6,299万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市堺区中田出井町3丁
交通
堺東駅
徒歩10分

堀上町 中古戸建

堀上町 中古戸建の画像

価格
2,200万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府堺市中区堀上町284-12
交通
深井駅
徒歩22分

サンライズマンション・ドムス堺

サンライズマンション・ドムス堺の画像

価格
1,180万円
種別
中古マンション
住所
大阪府堺市堺区大浜南町1丁2-8
交通
湊駅
徒歩4分

トップへ戻る